お役立ち情報

「直火匠」RR-055MTTとRR-055MSTの違いを比較!どっちがおすすめ?

当サイトをクリックして頂きありがとうございます。

今回は家電メーカー「リンナイ㈱」から発売されている電子ジャー付ガス炊飯器「直火匠(じかびのたくみ)」シリーズですが、この度デザインを一新し、新モデルを2021年10月21日(木)に発売するとの事で発表されました。

この記事では、電子ジャー付ガス炊飯器「直火匠(じかびのたくみ)」新モデルRR-055MTTと旧モデルRR-055MSTの比較をして、どのような変化があるのかを探っていきたいと思います。

結論から言うと大きな違いはカラー展開と値段です。

現在は電気炊飯器が主流となっていますが、ガス炊飯器ならではの「美味しく炊ける」という声はまだ根強いです。

あのリンナイ㈱が新作を発表するわけですから、まだまだ需要はあるという事ですかね。

簡単に「電子ジャー付ガス炊飯器」を使うメリットを紹介していきたいとう思います。

▼新モデルRR-055MTT▼

▼旧モデルRR-055MST▼

ガス炊飯器を使うメリットは?

https://images.app.goo.gl/bWuuxV1XuLMuA5AW9

まず、ガスで炊き上げるので、炊き上げまでの時間が短い事があげられます。

炊き上げ時間を短縮する事で、

  1. 時間の節約
  2. 光熱費の節約

になります。また、ガスを使う事により高火力で炊き上げる為、美味しいお米ができるとの声が多数あります。

家庭によっては使い分けをしていたり、炊飯量が多い飲食店ではガス炊飯器率が高いです。

前置きが長くなりましたが、電子ジャー付ガス炊飯器「直火匠(じかびのたくみ)」新モデルRR-055MTTと旧モデルRR-055MSTの比較に入りたいと思います。


新旧モデルの違いは?

https://images.app.goo.gl/DMDGAWWtC6M3Zonw6

値段

まずは一番気になるお値段の違い。

みさき
みさき

2つのモデルでの、大手ECサイトでの最安値の価格を調べました。

5.5合炊きで調べました。

新モデルの方が最新機種になりますので、去年のモデルの旧モデルより高くなってますね。

amazon 楽天 Yahoo!
新モデルRR-055MTT 98,780円 98,780円 98,780円
旧モデルRR-055MST 57,100円 56,460円 57,444円

※2021年8月の時点。価格は変動します。

ただ旧モデルのIB-MP9も、発売当初は90,000円ほどで、新モデルの値段とほぼ変わりはありませんでした。

サイズ

ガス炊飯器はガス元栓と電気コンセントを必要とする為に、設置場所を選ぶ家電になります。重要ですね。

  • 新モデルRR-055MTT 幅277 高さ275 奥行413(mm) 重量10㎏
  • 旧モデルRR-055MST 幅277 高さ287 奥行413(mm) 重量10㎏

いずれも5.5合炊きになりますが、さほど変わりませんね^^

カラーとデザイン

  • 新モデルRR-055MTT マットブラックとマットホワイトの2色
  • 旧モデルRR-055MST ダークブラウンとパールシルバーの2色

デザインはあまり変わり映えしないようす。液晶ディスプレイがよりスタイリッシュになった印象があります。

炊きあがり

「本焚新米モード」の追加新米の特徴に合わせた焚き方でより美味しいお米に仕上げます。

機能性

「白米急ぎモード」の追加炊飯時間が旧モデルより2~3分短縮可能になりました。

あとは、お値段くらいですね。

続いて、電子ジャー付ガス炊飯器「直火匠(じかびのたくみ)」シリーズの特徴を紹介していきます。

「直火匠(じかびのたくみ)」の特徴(新旧モデルの共通点)

さきほど新旧モデルを見比べて頂きましたが、正直あまり変化はありません。

家電商品は定期的に型落ちが当たり前ですから仕方ありません。こればかりは、メーカーの販売戦略なのでどうしようもないですね。

デザイン

https://www.rinnai.co.jp/releases/2021/0823/

 

本来、ガス炊飯器は大きく設置場所を選ぶ家電ですが、この商品はスッキリとしたスマートな外観になっています。

使いやすさ

https://www.rinnai.co.jp/releases/2021/0823/

液晶ディスプレイとメイン(炊飯と取り消し)スイッチが大きくなっていて見やすく使いやすいです。

炊きあがり

https://www.rinnai.co.jp/releases/2021/0823/

本焚白米モード」が標準スペックになります。釜下からの高火力により釜全体に対流を発生させ、お米がまんべんなく加熱され均一に炊くことが可能。

お手入れのしやすさ

https://www.rinnai.co.jp/releases/2021/0823/

 

基本的なパーツは取り外して水洗いが可能です。衛生的に長く使うことができます。また、パーツ単体での交換も可能です。(https://www.rinnai-style.jp/parts/list/42-3161.html)

機能やメニューの紹介

https://www.rinnai.co.jp/releases/2021/0823/

蓄熱圧釜」を採用。高火力のガスとの相性が良く、熱がムラなく伝わり、炊き上げや蒸らしを効果的に行うことができます。また「軽さ」と「熱伝導率の高さ」、「冷めにくい」のが特徴です。

便利機能として2パターンの予約タイマーを設定できます。そして容量が5.5合炊きと11合炊きの2種類があります。

新モデルRR-055MTTがおススメな人は?

  • 新モデルなのでトラブル対応やアフターサービスもしっかりしている
  • 本体カラーの好み(マットブラックorマットホワイト)
  • 新米を美味しく頂きたい人には超絶おススメです。(本焚白米モード搭載)
  • 時短機能が可能なので都度炊きする方(時短)や1回の炊飯量が多い方(光熱費軽減)にはおススメ。

新しいモデルはやはり液晶ディスプレイ含め、外装デザインがスタイリッシュですね。

本体操作ボタン→スイッチに変化しています。

また、今回のカラーデザインの「つや無しマット」が重厚感があって素敵ですね^^

まとめ

電子ジャー付ガス炊飯器「直火匠(じかびのたくみ)」新モデルRR-055MTTと旧モデルRR-055MSTの比較をしてきました。

  • 本体カラーの違い】新:マットブラックorマットホワイト。旧:ダークブラウンorシルバー
  • 【液晶ディスプレイ】新モデルの方がよりスタイリッシュ感がある。
  • 【新機能】新米との相性◎、「本焚白米モード」。旧式より2~3分早炊き、「白米急ぎモード」

以上になります。

さいごまで読んで頂き誠にありがとうございました^^

▼新モデルRR-055MTT▼

▼旧モデルRR-055MST▼