トレンド

ユーミンが紅白2020に出演!大トリを務めるのか?

今年もあと少しとなりました。

みさき
みさき

年末の大晦日の番組といえば紅白歌合戦!

今年の紅白歌合戦のテーマは「今こそ歌おう みんなでエール」

今年話題となったNiziUなどの新人アーティストや、今年いっぱいで活動休止を発表しているなど豪華アーティストが出場します。

コロナ渦中で史上初の無観客での収録放送となるようですがそんなことは関係ないぐらい盛り上がりそうですね!

ゆき
ゆき

そんななか、ユーミンこと松任谷由美さんも3年連続で今年も出場をするようです。

独特の歌声や歌詞の世界観で幅広い年代に愛される彼女の楽曲は私も大好きでつい口ずさみたくなります。

みさき
みさき

今年は特別企画として出演をするようで・・・その詳細をまとめていきたいと思います。

 

 

ユーミンが紅白2020に出演!歌う曲は?

みさき
みさき

ユーミンの紅白出演は3年連続5回となります。

紅白歌合戦の公式サイトによると、「守ってあげたい」を歌うようです。

ゆき
ゆき

有名な曲ですが意外にも紅白歌合戦で披露されるのは初めてとのこと。

美しいメロディーと暖かい歌詞がコロナ渦のすさんだ世の中に染み渡りそうですね。

誰もが一度は耳にしたことがあるこの曲ですが、鬼束ちひろさんCHARAさんなどなんと15人以上の有名アーティストにカバーされたことのあるアーティストにも愛される楽曲のようですよ。

 

 


ユーミンが紅白2020に出演した経緯は?

みさき
みさき

今回ユーミンが紅白歌合戦への出場決定した経緯は一体どのようなものなのでしょうか。

紅白歌合戦の公式ホームページにはこのように記載がありました。

 

松任谷由実さんは自身と縁のあるアーティストたちが歌う動画「(みんなで)やさしさに包まれたなら」や8月に放送された「ライブ・エール」に出演するなど、NHKウィズコロナ・プロジェクト「みんなでエール」へ積極的に参加してくれました。
10月から放送した番組、みんなの応援村「77億人えがおプロジェクト」ではユーミンの名曲「守ってあげたい」が使われ、コロナ禍で閉塞感を感じている子供たちを応援するために募集した笑顔のイラストは1万枚を超え、大きな反響がありました。

引用

https://www.nhk.or.jp/music/minna-yell/437208.html

 

この「77億人えがおプロジェクト」はユーミンの旦那さんでもある音楽プロデューサーの松任谷正隆さんが企画の発案者の一人で番組の主題歌がユーミンの「守ってあげたい」になっています。

みさき
みさき

大変な世の中で人々を元気づけるためのプロジェクトの主題歌を歌うユーミンが今回選出されたのも納得ですね。

ゆき
ゆき

特別企画として大いに番組を盛り上げてくれそうです。

ユーミンのコメントとして

「私のことだから、一筋縄な出かたはしませんよー。
今から張り切っているので、どうぞ楽しみにしていてくださいね!」

とのこと。

ゆき
ゆき

期待が高まりますね!

 

 

見どころいっぱい!紅白2020を見逃し配信する方法

 

年末は予定があって家でゆっくりテレビを観る時間がないという方もいらっしゃるかと思います。

みさき
みさき

そんな方のために見逃し配信がないかどうか調べてみました。

 

 

NHKオンデマンドで観る

 

NHKオンデマンドでは過去のドラマやドキュメンタリー番組、などNHKで過去に放送された番組7000本以上の作品が見放題な上、期間限定ではなくいつでも好きなタイミングでみることができるサービスです。

なかなか年末も忙しくてリアルタイムでは見られないけれどあとでゆっくり観たい!という方にもオススメです。

こちらは料金は月額990円となっています。

https://www.nhk-ondemand.jp/#/0/

 

U-NEXT

U-NEXTの「まるごと見放題パック」にNHKオンデマンドが含まれているようです。

ゆき
ゆき

こちらはなんと1ヶ月間無料トライアルができます!

みさき
みさき

「紅白の見逃し配信はみたいけどそんなに頻繁に使わないかも・・・」

という方にはこちらでお試しして観るのもいいかもしれません。

\紅白見逃し配信見るなら/
U-NEXT無料トライアルで視聴する

 

紅白を見て新年を迎えよう!

今回はユーミンの紅白出演情報や紅白の見逃し配信の視聴方法についてまとめました。

ゆき
ゆき

放送まではあと1週間ほどと少しで楽しみで今からワクワクしますね。

無観客でどのような様子になるのか全く予想がつきませんが、ユーミンも「今から張り切っている」とのことですので楽しいステージになることは間違い無いでしょう。

以上最後まで読んでいただきありがとうございました。