お役立ち情報

third-party-iframes.htmlがダウンロードされたときの対処法!スマホ/android/iPhone/chrome

以前より、third-party-iframes.htmlをダウンロードしてしまった!

という声をSNSで見ることがありました。

今回はthird-party-iframes.htmlは安全なのか?対処法などについてご紹介していきます!

third-party-iframes.htmlがダウンロードされたときの対処法!

third-party-iframes.htmlがダウンロードされても、

今のところウイルスなどの問題はないこと、

ファイルサイズは0kbなのでそのまま放置していても問題ないようです。

何度も出てきてうっとおしい場合は、ブラウザを一度閉じると出なくなるようです。


third-party-iframes.htmlとは何?ウイルスか?

Google chromeで特定のサイト(たとば、Microsoft Azureの一部サービスなど)を開こうとすると、

「third-party-iframes.html」
「third-party-iframes-2-.html」

という名前のファイルのダウンロードが始まり、3回~5回など連続で画面上部に表示され、再起動しても同じ症状が繰り返す事例が報告されています。

ファイルの種類は「Microsoft Edge HTML Document」で、ファイルサイズは0KBです。

12月13日にGoogle Chrome を 92.0.4515.107 にバージョンアップ後、ポップアップダイアログが表示されるような処理が正常に動作しないことが原因かもしれません

原因として、突き詰めていくと

Chromeのバグによるiflamesを使ったJavascriptが動かなくなってダウンロードされたことが原因のようです。

ウイルスなどではないようなので、安心して大丈夫です^^!

実は私もこれを調べている際にthird-party-iframes.htmlをダウンロードされていて

かなりびっくりしました(笑)

皆さんも急に出てくるとびっくりしますよね・・・(笑)

third-party-iframes.htmlスマホ/android/iPhone/chromeのSNSの反応

SNSの反応を見ていきましょう!


海外でも一時期、third-party-iframes.htmlが表示されたようです。

英語が多かったので、表記はしませんが海外ユーザーもかなり困惑していました(笑)



 

third-party-iframes.htmlがダウンロードされたときの対処法!のまとめ

今回はthird-party-iframes.htmlは安全なのか?対処法などについてご紹介しました!

いきなりこのように表示やダウンロードされるとびっくりしますよね;;

特に危険性はないようなファイルのようで私も安心しました(笑)