ドラマ

2022年大河ドラマ「鎌倉殿の13人」いつから?あらすじやキャストも紹介!三谷幸喜演出、小栗旬主演!

ゆき
ゆき
みさき
みさき

1963年から始まった大河ドラマ、この大河ドラマは1年間続くロングランなドラマです。

ゆき
ゆき

今回は来年の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』について調査しました。

 

本来なら昨年には撮影がスタートするようですが、コロナの影響でまだ撮影が始まってない様なのでビジュアルは公開されていませんが、今から楽しみですね。

 

2022年大河ドラマ主演、タイトルが決定

来年2022年第61回の大河ドラマは『鎌倉殿の13人』になりました。

鎌倉殿(どの)と読み、鎌倉幕府の棟梁や鎌倉幕府の事を指します

 

脚本三谷幸喜×主演小栗旬のコンビで、他には大泉洋・小池栄子・菅田将生・宮沢りえなどが出演します♪♪

豪華キャストなので今からとても楽しみです。

三谷幸喜さんは新選組、真田丸に続き3作目6年ぶりの大河ドラマ脚本になります。

小栗旬さんは『天地人』(石田三成役)『八重の桜』(吉田松陰役)「西郷どん」(坂本龍馬役)などに続く出演となり、大河では初主演になります。

 


2022年大河ドラマはいつから放送される?

放送予定は2022年1月から1年間の放送予定になっています。

しかし、コロナの影響で今年の『青天を衝け』が2月14日からになるので、大河ドラマは1年間になるので『鎌倉殿の13人』も2月以降になる可能性があります。

 

2022年大河ドラマあらすじは?

『鎌倉殿の13人』は北条義時が鎌倉幕府の権力者になるまでのお話です。

 

平安時代末期、伊豆の弱小豪族だった義時は姉の北条政子が源頼朝と結婚した事で運命の歯車が回りはじめる。

 

源頼朝が関東武士団を集結し平家に反旗を翻し、北条一門は無謀な戦いに共に挑み、頼朝の第一側近となった義時は政治工作を行い、ついに平家を打ち滅ぼします。

征夷大将軍となった頼朝は絶頂の時に謎の死をと遂げてしまう。

 

偉大な父を超えようともがく2代目将軍頼家・お飾りになることで命をつなぎとめようとする3代目将軍実頼。

義時は二人の叔父になり、幕府の舵を懸命にとろうとします。しかし、将軍の首は義時と御家人たちの間のパワーゲームへとなっていく。

源家の正統が途絶えた時、北条が幕府の頂点にいました。

都では後鳥羽上皇が義時討伐の兵を挙げ、義時は最後の闘いに挑み・・・。

 

鎌倉殿とは鎌倉幕府将軍の事で13人とは頼朝の死後に作られた指導体制で、13人の合議政の御家人達を差ます。

 

・北条時政  伊豆国田方郡北条の豪族

・北条義時  時政の次男

・大江広元  朝廷に仕える下級貴族(官人)

・三善義信  太政官の書記官役を世襲する下級貴族

・中原親能  下級貴族、鎌倉幕府の文官御家人

・三浦義澄  相模国三浦郡矢部郷の出身の武将

・八田知家  鎌倉幕府御家人。下野宇都宮氏の当主・宇都宮宗綱(八田宗綱)の四男

・和田義盛  武将・御家人。初代侍所別当 

・比企能員  藤原秀郷の流れを汲む比企氏の一族

・安達盛長  鎌倉時代初期の武将    

・足立遠元  武蔵国足立郡を本拠とした在地豪族

・梶原景時  梶原氏は坂東八平氏の流れをくむ鎌倉氏の一族

・二階堂行政 鎌倉時代初期にかけての下級貴族(官人)

 

上記の13人の部下の事で、頼朝の死後内部交戦を繰り広げ一番若い義時が最後まで生き残り権力を手中に収めました。

2022年大河ドラマキャストは?

大河ドラマには、北条家・源家・平家・頼朝の13人の部下など多くの人がキャスティングされています。

今回は、キャスティングを小出し発表しているので、この他にもキャスティングされる可能性もあります。

 

【北条家】

北条義時(ほうじょう よしとき)

小栗旬

主人公で13人の一人

 

北条時政(ほうじょう ときまさ)

坂東繭十郎 ※大河初ドラマ出演

義時の父で13人の一人

 

北条政子(ほうじょう まさこ)

小池栄子

義時の姉 源頼朝の妻

 

北条宗時(ほうじょう むねとき)

片岡愛之助

義時の兄

 

牧の方(まきのかた)

宮沢りえ

義時の継母 夫の欲を煽あおり権力の座へ導く

 

阿波局(あわねのつぼ)

宮澤エマ ※大河ドラマ初出演

北条家の冷静な皮肉屋

【源家】

源頼朝(みなもとの よりとも)

大泉洋

一族を平家に滅ぼされ、のちに初代鎌倉幕府将軍となる。

 

源頼家(みなもと よりいえ)

金子大地 ※大河ドラマ初出演

頼朝と政子嫡男 義時の甥

 

大姫(おおひめ)

南沙良 ※大河ドラマ初出演

頼朝と政子の子

 

源義経(みなもとの よしつね)

菅田将生

頼朝の異母兄弟で悲劇の天才軍略家

 

源範頼(みなもとの のりより)

迫田孝也

義経、全成の同母兄弟 愚直に源氏を支える

 

阿野全成(あの ぜんじょう)

新納慎也

義経、範頼の同母兄弟 頼朝の異母兄弟

 

源行家(みなもとの ゆきいえ)

杉本哲太

頼朝・義経たちの野心家の叔父

 

 

【坂東武士】

比企能員(ひき よしかず)

佐藤二郎

頼朝の側近 13人の一人 北条と火花散る権力争いをする。

 

畠山重(はたけやま しげただ)

中川大志

若手御家人 鎌倉幕府が誇る若武者

 

安達盛長(あだち もりなが)

野添義弘

頼朝の最古参の御家人 13人の一人

 

三浦義村(みうら よしむら)

山本耕史

義時の盟友

 

和田義盛(わだ よしもり)

横田栄司

軍事長官 最後まで義時と戦う13人の一人

 

伊東祐親(いとう すけちか)

辻萬長

義時の祖父 平家に仕え反旗を翻す頼朝の命を狙う

 

土肥実平(どい さねひら)

阿南健治

源氏に忠義を示す 相模国の豪族

 

梶原景時(かじわら かげとき)

中村獅童

寝返り重臣筆頭となる御家人 13人の一人

 

【幕府官僚】

大江広元(おおえの ひろもと)

栗原英雄

幕府行政長官 頼朝の腹心で13人の一人

 

三善康信(みよし やすのぶ)

小林隆

幕府司法長官 13人の一人

 

【平家】

平清盛(たいらの きよもり)

松平健

源氏の宿敵 平家総帥

 

平宗盛(たいらの むねもり)

小泉考太郎

二代目の苦悩と戦う清盛の後継者

 

みさき
みさき

昨年紅白司会に抜擢された大泉洋さんや、若手実力派の菅田将暉さんなど個性豊かな役者さんがキャスティングされていて、今からとても楽しみです。

まとめ

来年1月から放送される【鎌倉殿の13人】コロナの影響で撮影はまだ始まってないようですが、三谷幸喜さんが作りだす予測不能なエンターテイメントで、野心とは無縁だった青年がいかに皆を蹴り落とし最高権力者に頂点に上り詰めるのか?

 

みさき
みさき

来年放送なのでもう少し先になりますが、歴史に詳しくない人でも楽しくみられると思いますので、是非楽しみに待っていてください。