ドラマ

死神さんキャストや相関図!原作との違いは?結末やネタバレも

 

9月からHuluで配信が決定している田中圭さん主演のドラマ『死神さん』

メイン監督は、人気ドラマ『SPEC』や『トリック』シリーズを手がけた堤幸彦監督なんです!

 

田中圭さん×堤幸彦監督

もう面白そうですよね!(笑)

 

ストーリーは、田中圭さん演じる主人公・儀藤堅忍(ぎどうけんにん)が、毎回異なる相棒と共に、無罪判決が確定した冤罪事件を再捜査し、“事件の裏に隠された真実”“相棒たちの心”180度ひっくり返していくというストーリーです。

 

予告を観ましたが、主人公はもちろん、周りの人もクセが強いキャラクターで、とても見応えがありそう。

みさき
みさき

そして、映像が独特の世界観でかっこいいです。

 

ストーリーも、闇を抱えた事件を専門に再捜査する、一味違った警察ドラマですよね。

 

一度闇に葬られた冤罪事件が、儀藤の再捜査でどんな展開を見せるのか気になります!

ゆき
ゆき

そして、『死神さん』は小説が原作なので、原作との違いも気になるところ。

 

ということで今回は、ドラマ『死神さん』のストーリーについて深掘りし、原作の小説との違い、小説での結末についてもみていきます!

 

死神さんキャストや相関図!

みさき
みさき

『死神さん』に毎週登場するキャストは主に2名です。

主人公の儀藤堅忍役を演じるのは、いま大人気の田中圭さん

儀藤堅忍は、冤罪事件の再捜査を専門に捜査するくせ者の刑事で、通称『死神』

 

そんな儀藤堅忍の捜査に協力し、連絡係を務めるのが、元AKB48の前田敦子さん演じる南川メイ。

連絡係というのは体のいい呼び方で、儀藤からは“パシリ”と呼ばれています。

 

 

  • 冤罪事件の再捜査専門の刑事/通称『死神』

 儀藤 堅忍(ぎどうけんにん)役 田中 圭


 

  • 警視庁広報課の巡査長/儀藤の連絡係(パシリ)

 南川 メイ(みなみかわめい)役 前田 敦子

 
\死神さんが見れるのはhuluだけ!/

毎週替わる相棒キャスト

 

『死神さん』の特徴は、主人公・儀藤堅忍の相棒が、毎話(事件ごと)代わる点です!

 

『死神さん』は全6話で、相棒は6人と発表されています。

 

現時点では、全6話のうち2話までのキャストが公表されていましたよ!

 

▼儀藤堅忍の相棒

初代相棒 大邊 誠(おおべまこと)役 小手 伸也
2代目相棒 三好 若奈(みよしわかな)役 蓮佛 美沙子
3代目相棒 未発表 未発表
4代目相棒
5代目相棒
6代目相棒

 

 

第1話は、大邊誠(小手伸也)と「資産家強盗殺人事件」を捜査。

 

 

 

 

第2話は、三好若奈(蓮佛美沙子)と「ひき逃げ事件」を再捜査します。

 

 

第2話以降のキャストと事件も気になりますよね!

 

6代目相棒のポスターが剥がれ落ちそうな点も、伏線である気がしてなりません!

 

 

 

みさき
みさき

情報は順次公表されていくようですので、楽しみに待ちましょう!

 


死神さん原作とドラマの違いは?

死神さんキャストや相関図!原作との違いは?結末やネタバレも

 

ドラマ『死神さん』は、大倉崇裕さん著の小説『死神さん』(幻冬舎文庫)が原作です。

大倉崇裕さんは、推理小説が得意な作家さんで、数々の賞も獲得。

よくテレビドラマ化もされています!

 

渡部篤郎さんと橋本環奈さん出演の「警視庁いきもの係」も大倉崇裕さんの作品です。

そして、アニメ「名探偵コナン」シリーズでは、脚本陣の常連だそうですよ!

警察ミステリーが得意な作家さんなんですね!

 

では、原作の小説とドラマとで異なるポイントを見ていきましょう。

 

 

原作と異なるキャスト

 

  • 儀藤堅忍(田中圭)
原作 黒ぶちの丸眼鏡をかけた、頭髪の薄い、冴えない小太りの中年おじさん
ドラマ 髪の毛がモジャモジャの冴えない中年おじさん

 

原作の儀藤堅忍は、“黒ぶちの丸眼鏡をかけた、頭髪の薄い、冴えない小太りの中年おじさん”という設定です。

 

田中圭さんは、筋トレに力を入れていて、美しい身体で有名なため、想像がつきませんよね!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

田中圭(@tanaka_kei_fan)がシェアした投稿

ドラマの儀藤堅忍は、原作に忠実に、髪型・服装で冴えない雰囲気になっていますが、

  • 丸メガネはかけていない
  • 頭髪は薄いのではなくモジャモジャ
  • (田中圭さんが、実際のところは小太りではない(笑))

という点が、原作とドラマとで異なるようです!

 

 

  • 南川メイ(前田敦子)
原作 登場なし
ドラマ 儀藤の連絡係でサポート役。儀藤の調査係、ストーカー、熱狂的ファンともとれるキャラクター。儀藤と並ぶクセの強さとミステリアスさが魅力。

 

南川メイは、原作には出てこない、ドラマのオリジナルキャラになります。

みさき
みさき

前田敦子さんがどんなキャラにしていくのか、演技に注目が集まりますね!

 

 

原作と異なるストーリー?

 

原作の小説は、強盗殺人・轢き逃げ・痴漢・誘拐の4つの事件からなる短編集です。

 

いまのところドラマでも、同じ4つの事件が映像化されることが明らかになっています。

 

ゆき
ゆき

しかし、ドラマは全6話で、相棒も6人です。

6つの事件を再捜査するはずなので、残り2つの事件は、ドラマオリジナルのストーリーになりそうな予感!

 

その点も楽しみに観ていきたいですね!


死神さんあらすじや結末やネタバレ

 

 

『死神さん』は、田中圭さん演じる主人公・儀藤堅忍(ぎどうけんにん)が、毎回異なる相棒と共に、無罪判決が確定した冤罪事件を再捜査し、“事件の裏に隠された真実”“相棒たちの心”180度ひっくり返していくというストーリー。

 

無罪判決が出ると「死神」と呼ばれる儀藤警部補がやってきて、最初の捜査に関わった人物を1人、相棒に指名して一緒に再捜査していきます。

 

死神さんキャストや相関図!原作との違いは?結末やネタバレも

 

儀藤は、なぜ「死神」と呼ばれるか?

それは、冤罪逮捕の事件を再捜査する行為は、警察の失態をほじくり返す行為であるが故、指名された相棒は、出世の道を閉ざされ、警察としての死を迎えてしまうためです。

 

その儀藤の人選は、“最初から事件の真相がわかっていたとしか思えない”人選

「死神」と呼ばれるとはいえ、儀藤は、本当に人間の域を超えた洞察力なんです。

 

 

そして、気になるのは、「死神」に目をつけられた相棒たちは、本当に警察としての死を迎えるのか?という点です。

 

小説のレビューでは、

  • 相棒はいい意味で人生が変わっていった。
  • 儀藤の執念と型破りな捜査に、相棒は徐々に心動かされていった。
  • 相棒は、選ばれた時は戸惑うが、最後は大切な何かを受け取っていった。
  • 相棒は、儀藤との再捜査を通じてそれぞれの意義を見出し、前向きに生きていくことになた。

といったような内容のレビューが多く見受けられましたよ。

 

小説のレビューを見る限り、相棒たちは、儀藤との再捜査を通じて、新たな警察人生を迎えることになりそうですね!

 

 

また、原作では、ミステリアスな儀藤の正体は暴かれていません

ドラマで明かされることを期待したいですね!

 

 

死神さんキャストや相関図!のまとめ

死神さんキャストや相関図!原作との違いは?結末やネタバレも

【引用元:Hulu

 

ドラマ『死神さん』は、9月17日から配信開始!(毎週金曜配信、全6話)

『死神さん』は、Huluオリジナルドラマなので、Huluでしか観れません

 

儀藤堅忍(田中圭さん)と南川メイ(前田敦子さん)のミステリアスなキャラクターと、事件ごとに代わる相棒たちに注目です。

 

みさき
みさき

田中圭さんと堤幸彦監督との最強タッグをお見逃しなく!