お役立ち情報

最低賃金引上げ2021いつから?各県ごとの最低賃金や引き上げのメリットデメリット

money
ゆき
ゆき

最低賃金の引上げはいつからなのかな…?

自分の県や各県の最低賃金がいくら上がるか知りたいな。

最低賃金が引上げするメリットとデメリットは何だろう?

そんな疑問に応える記事です。

 

最低賃金引上げは、2021年10月からはじまります

 

厚生労働省の審議会で、2021年度の最低賃金を

・すべての都道府県で28円引き上げ

・全国平均で時給902円から930

となる目安を提示しました。

 

28円の引き上げは、2019年以降で過去最大。

 

コロナウイルスの感染拡大に伴う経済悪化により、現状維持を求める経営者も多くいます。

引き上げを求める労働者側との対立の末、「全国加重平均1,000円」を目指す政府方針のもと引き上げる方向で決定しました。

今回は、

・最低賃金引上げ2021いつから

・最低賃金引上げ2021各県ごとの最低賃金

・最低賃金引き上げのメリット・デメリット

について解説していきます!

最低賃金引上げ2021いつから?

賃金引上げについては、10月から順次行うことが決定。

 

例年の最低賃金引き上げの時期も10月となっています。

都心部を中心に1日から、地方は23日ごろとなっています。

 

2021年も例年通り、

・東京を中心とする都心部は101

・他県が順番に10月4日ごろまで

と全国で引き上げがすると考えられます。


最低賃金引上げ2021各県ごとの最低賃金は?

money

最低賃金のランキングを見てみると、東京が1位で1,013円。

次いで神奈川県の1,012円。

全国で一番低い最低賃金は、秋田・鳥取・島根・高知・佐賀・大分・沖縄で792円です。

令和2年度の最低賃金引上げ前年比は、0円~3円です。

都道府県の最低賃金ランキングは下記の表の通り。

1 1,013 東京
2 1,012 神奈川
3 964 大阪
4 928 埼玉
927 愛知
925 千葉
5 909 京都
6 900 兵庫
7 885 静岡
8 874 三重
9 871 広島
10 868 滋賀
11 861 北海道
12 854 栃木
13 852 岐阜
14 851 茨城
15 849 富山
長野
16 842 福岡
17 838 山梨
奈良
18 837 群馬
19 834 岡山
20 833 石川
21 831 新潟
和歌山
22 830 福井
23 829 山口
24 825 宮城
25 820 香川
26 800 福島
27 796 徳島
29 793 青森
岩手
山形
愛媛
長崎
熊本
宮崎
鹿児島
30 729 秋田
鳥取
島根
高知
佐賀
大分
沖縄

 

最低賃金引上げのメリットデメリットとは?

最低賃金引き上げによってもたらされるメリットは、大きく分けて3つあります。

どのようなメリットがあるのか、解説します。

最低賃金引上げメリット

地域経済の活性化

アルバイトやパートといった非正規雇用者の収入がアップすること。

生活が安定し、自由に使えるお金が増えます。

すると、ショッピングや旅行をする機会が増え、地域経済の活性化になります。

みさき
みさき
最低賃金引き上げは、個々のみの影響だけではなく、地域経済の活性化にもつながる必要な政策だといえますね。

 

所得の格差が縮まる

多くの非正規雇用者は、正社員より収入が少なく格差が生まれてしまいます。

このことで、モチベーションと生産性への低下に。

しかし、最低賃金引上げにより収入がアップすることで、正規雇用者との格差が縮まります。

これは非正規雇用者にとっては、大きなメリット。

また、雇用側も非正規雇用者の仕事に対するモチベーションが上がり、生産性の向上が期待できます。

このことで離職する人が減り、採用コストの削減にもつながります。

 

では、逆に最低賃金引上げのデメリットについて解説します。

最低賃金引上げデメリット

人件費が増える

最低賃金が上がることで、当然雇用側が負担する人件費も増加します。

非正規雇用者が多いコンビニや飲食業では、長時間の雇用が不可能となり失業する人が増加するといわれています。

2018年に26円の賃金引き上げがおこなわれたときは、多くの飲食業で、

・セルフサービス

・メニューブックをテーブルに設置

・タッチパネルでの注文

など、スタッフ削減の取り組みが行われ多くの失業者が。

現在、コロナ禍で経営が厳しい企業も多く、こういった人件費削減に向けた策が出てくる可能性があり失業者の増加が考えられます。

 

正社員のモチベーションの低下

最低賃金引上げにより正社員と非正規雇用者の格差が縮まりますが、逆に正社員にとってはデメリットとなることもあります。

非正規雇用者の給与増加による人件費を作り出すために、正社員の給与を低下させ、まかなう企業も。

また、非正規雇用者との収入面での格差が少なくなると、正社員の仕事に対するモチベーションが低下するリスクも出てきます。

このことで、正社員の生産性の低下が起きる可能性も。

ゆき
ゆき
このように賃金引き上げによるデメリットが出てくるため、様々な対策や検討が各企業では必要不可欠となり課題となっています。

最低賃金引上げ2021いつから?のまとめ

様々な課題のある最低賃金引上げですが、個人としても社会としてもメリットの部分は大きいです。

みさき
みさき
いかにデメリットに対する戦略を練ることができるが肝となりそうですね。

ゆき
ゆき
自分たちにも大きく影響することなので、みなさんも自分の住んでいる地域の最低賃金について関心を向けてみてください!