家電

パナソニックサイクロン掃除機MC-SR39KとMC-SR38Kの違いを比較!どっちがおすすめ?

当サイトをクリックして頂きありがとうございます。

今回はパナソニックからサイクロン掃除機の新モデルとして「MC-SR39K」が発売されたのでご紹介していきます。

この記事ではパナソニック製サイクロン掃除機「MC-SR39K」と旧モデルの「MC-SR38K」を比較し、どのような違いがあるのか?また、それぞれの特徴を絡めたおススメポイントを解説していきます。

毎日のように使う掃除機ですが、購入する際にどのようにして選んでいますか?

価格?性能?使いやすさ?デザイン?

ダイソンを中心に持ち運びしやすく収納スペースを抑えた、スティックタイプの掃除機が流行しています。

しかし、ここ最近ではキャニスタータイプの掃除機が小型化や軽量化した事により、価格帯もリーズナブルなものが多く注目されてきています。

▼新モデル▼

▼旧モデル▼

「MC-SR39K」と「MC-SR38K」の違いと共通点?

https://panasonic.jp/soji/products/cyclone.html

基本的に同じです。違いの方が少ないですね

絡まないブラシでお手入れの負担を軽減する

https://panasonic.jp/soji/products/cyclone/mc_sr590k_sr39k.html#feature1

円すい型のV字ブラシが、絡んだ毛を自然に除去し、ブラシを取り外す手間なくお手入れがとてもラクです。(ただし、使用状況によっては異なる)

形の異なるダブルブラシによって、室内あらゆる床のゴミを掻き出して吸い込みます。

集塵方式がダブルメタルを採用

https://panasonic.jp/soji/products/cyclone/mc_sr590k_sr39k.html#feature1

吸い込んだゴミやほこりが静電気の影響をうけづらい為、長期間お手入れが不要。(ごみの種類や使用状況によって異なる)

内部集塵フィルターが特殊加工されているので、静電気の影響をうけづらく目詰まりしにくい。また、2段分離構造になっている為、気流が安定しパワーが持続する。

クリーンセンサーで綺麗になったか状態確認できる

https://panasonic.jp/soji/products/cyclone/mc_sr590k_sr39k.html#feature1

目に見えにくい微細なハウスだすとまでも検知してくれるセンサー搭載。ノズル装着のセンサーで目視できる為に掃除残しを防いでくれます。

▼新モデル▼

▼旧モデル▼


「MC-SR39K」と旧モデルの「MC-SR38K」の一番の違い

カラーと価格が違います

  • 新モデルMC-SR39K 2021年8月発売 カラーはブラウンのみ

https://panasonic.jp/soji/products/cyclone.html

  • 旧モデルMC-SR38K 2020年8月発売 カラーはシャイニーブラウンのみ

https://panasonic.jp/soji/products/cyclone/mc_sr580k_sr38k.html

 

相場価格は1万円ほどしか変わりません。家電製品ではよくある事で、ネームや色を変える事で「新商品感」を出す為だと思われます。

新モデルMC-SR39Kをすすめる理由は?

実物を見て購入する事ができる

家電量販店などに足を運び、実物をみて、他社製品と比較をし、試運転をしてから購入する事が可能です。ネット購入は手軽ですが、家電製品には不向きな部分もありますからね。

使用頻度が多く、長く使う家電製品はやはり実物を見てから購入したいですよね。値段もそれなりにしますから…。

旧モデルMC-SR38Kをすすめる理由は?

やはり値段です

外観、スペックがほとんど同じ商品では値段が安いほうがお得です。ネット購入もできるので、便利ですね。たいていの家電をネット購入すると送料無料なので、持ち帰る手間が省く事ができます。

一長一短ですが、口コミも見てみましょう。

口コミやレビュー

https://images.app.goo.gl/1GFfnfFszxLrCHyD8

新モデル「MC-SR39K」の口コミはありませんでした。

【総評】
もう半年以上は使ったかな?毛が絡んで作業が止まるシーンが無くなったのが本当にありがたい。

【総評】
キャニスタータイプではほぼ完成形なのかなーとおもいます。スティックタイプはバッテリー劣化で長期コストはよくないし、吸引力を考えるとやはりキャニスタータイプのほうがよく吸ってくれています。

CMのおねいさんがヘッドのブラシに毛が絡まない!って言ってたのは本当でした。
他の掃除機と比べブラシの毛が柔らかいこととヘッドブラシの真ん中が空いているのでブラシが回転する度にゴミは真ん中に寄っていくようです。掃除後は画像のように猫の毛も絡んでません!
ヘッドに付いているローラーも適度に隙間があり毛が入り込んでも比較的取りやすいです。

Panasonicの「からまないブラシ」は夢のような機能で、
いままで部屋の掃除に20分、パワーブラシの分解清掃に20分かかっていましたが、半分で済むようになりました。

引用元:https://review.kakaku.com/review/K0001267792/#tab

 

「からまないブラシ」は万能ではありません。
長い髪の人が使う場合、からんだらハラミでチョキチョキすればいいだけですよ。
たいした手間ではありません。
それよりブラシヘッドの可動域の確認や、ゴミ捨てやすさ・手入れのしやすさを確認されたほうがいいでしょう。

引用元:https://bbs.kakaku.com/bbs/K0001267792/#tab

 

パナソニックサイクロン掃除機MC-SR39KとMC-SR38Kの違いを比較!まとめ

パナソニック掃除機「MC-SR39K」についてまとめました。いかがでしたか?
このシリーズの特徴として、

  • 絡まないブラシでお手入れの負担を軽減
  • 集塵方式がダブルメタル採用し、静電気の影響を受けにくく、長期間お手入れが不要。
  • クリーンセンサーできれいになったかを状態確認できる

 

  1. 新旧モデルの違いは「色と価格」(1年の型落ちで価格差は1万円ほど)
  2. 新モデル「MC-SR39K」はお店にいって実物をみて、比較して、触ってから購入することができる
  3. 旧モデル「MC-SR38K」は価格が安い。機能性や外観が同じなので、価格を抑えたい人に向いている

 

以上になります。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

▼新モデル▼

▼旧モデル▼