トレンド

ルックバック修正箇所は?なぜ修正された?不適切箇所はどこか

ゆき
ゆき

藤本タツキ先生の新作読み切り作品『ルックバック』

この作品の一部が修正されたんだけど、どこを修正されたのかな?

修正された理由も知りたいな…。

そんな疑問にお応えする記事です。

この記事で分かることは、下記のとおりです

・ルックバック修正箇所はどこ?

・ルックバックなぜ修正された?

・ルックバックの不適切表現とはどこか?

 

結論、修正理由は下記の2つです。

・精神障害者への差別を助長する

・京都アニメーション放火殺人事件

修正箇所・不適切表現が、どこかも解説しています。

ぜひ、参考にしてくださいね。

 

ルックバック修正箇所はどこ?

ルックバックの修正箇所は、殺人犯の犯行動機が

・「自分を罵倒する幻聴」→「誰でもよかった」

変更になっていました。

 

2021年7月19日に集英社の漫画アプリ「ジャンプ+」にて公開された藤本タツキ先生による新作読み切り作品『ルックバック』。

この作品にて、一部不適切な表現があることで修正されました。

 

京都アニメーション放火殺人事件は、2年前の2019年7月18日におきました。

この痛ましい事件があった次の日19日に公開されたこともあり、余計に指摘する声が大きかったのです。

 


ルックバックなぜ修正された?

修正された理由は、下記の2つです。

・精神障害者への差別を助長する

・京都アニメーション放火殺人事件

 

集英社の漫画アプリ「少年ジャンプ+」で無料公開された長編読み切り作品『ルックバック』。

この作品は、漫画家を目指す主人公の成長と挫折が描かれています。

2021年7月19日に公開されてから、2日間で400万回も閲覧され大きな話題になり称賛の声が多くありました。

 

 

しかし大きな反響があるかわりに、内容に関して一部修正する事態に。

・作中に京都アニメーション放火殺人事件を思い出させる場面

精神障害と犯罪をめぐる描写

このことにより、抗議の声も上がることがありました。

そのため、編集部ではSNSで一部修正をすることを発表。

 

このことにより、今回の騒動を収まるかたちになりました。

 

ルックバックの不適切表現とはどこか?

それでは、不適切表現はどのようなことだったのか解説します。

 

ルックバック修正箇所はどこのまとめ

今回は藤本タツキ先生による新作読み切り作品『ルックバック』の修正箇所についてまとめました。

 

修正された理由は、下記の2つです。

・精神障害者への差別を助長する

・京都アニメーション放火殺人事件

 

しかし大きな反響があるかわりに、内容に関して一部修正する事態に。

このことにより、抗議の声も上がることがありました。

 

そのため、編集部ではSNSで一部修正をすることを発表。

このことにより、今回の騒動を収まるかたちになりました。

 

みさき
みさき
Yahoo!ニュースに載るほどの多くの人が読み、反響が大きかったんでしょうね。

ゆき
ゆき
ただ、修正をしたことによる残念に思う人が多いみたいですね。

 

9月3日にルックバックの単行本が発売します。

気になる人は、ぜひ読んでみてくださいね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。