スポーツ

張本智和の両親の国籍は中国?日本に帰化した理由は

流血のアクシデントに見舞われながらも、五輪デビュー戦を白星で飾った、張本智和選手。

みさき
みさき

実況の方もかなり焦っていましたよね!

今回は、そんな張本選手についてご紹介していきます!

張本智和の両親の国籍は中国?本人や妹の国籍は?

 

張本智和(JPN)|契約選手|バタフライ卓球用品

(引用:https://www.butterfly.co.jp/players/detail/harimoto-tomokazu.html )

張本選手の詳しいプロフィールはこちらです!!

張本 智和(はりもとともかず、2003年6月27日 – )

宮城県仙台市出身の卓球選手。

木下マイスター東京所属。

身長は175cm、体重は64kg、靴のサイズ28cm。

ITTF世界ランキング最高位は3位(2019年1月時点)。段級位は7段。

血液型はO型。

かなりお若いですよね!18歳・・・?!

びっくりしてしまいました(笑)

そんな彼のご両親は、

「張本」という姓で察しが付くかもしれませんが、帰化して日本国籍になるまでは中国国籍でした。

両親とも中国人で、すでに日本に帰化している父親は、男子ジュニア日本代表コーチで元プロ卓球選手というキャリアの持ち主。

母親は、世界卓球選手権にも出場歴を持つ元中国代表で、中国四川省出身ですが、帰化はしていません。

永住

外国人が、現在の外国籍のままで、継続して日本に住める(永住できる)ことです。

将来母国に帰国を希望される方や、仕事などで頻繁に帰国される方は、永住をお勧めします。

帰化とは?

外国人が、日本の国籍を取得して日本人になることです。これにより、日本人と同等の権利を取得することができます。

いったん帰化すると、再び母国の国籍を取得するのは簡単でないと予想されるため、一生涯、日本に住むという意思がある場合は帰化されることをお薦めされています。

張本選手ご本人は、中国から日本へ帰化しています。

妹さんもいらっしゃるようですが、妹さんも帰化しているよう。

妹さんもオリンピック出場できるレベルの卓球の腕前のようで、ご兄弟、ご家族そろっての卓球一家であることがわかりますよね♪


張本智和は日本に帰化した?理由は?

張本選手は

2014年春に日本に父、妹とともに帰化しています。

その理由として、

張本智和選手の父親は日本にコーチとして呼ばれたことで日本の子供に指導したい気持ちが高まりました。

選手を引退してコーチの道を考えていた時なので、日本から呼ばれたことが嬉しかったのでしょう。そして、日本で暮らしている内に張本智和選手が生まれ、張本智和選手にも卓球を教えるようになります。

何度か中国に戻ってコーチをしないか?と誘いを受けましたが、張本智和選手が段々大きくなって、生活の中心が日本の仙台になっていたので日本に残ること,日本でコーチをすることを決意したそうです。この時はまだ、中国国籍。

小学校4年生になった張本智和選手は両親に「日本に帰化したい」と伝えました。このことが理由で両親は帰化することを決意。2014年に日本国籍となります。

なぜ張本智和選手は日本に帰化したいと伝えたのか?それは、生まれ育った日本の代表として世界の舞台へ立ちたいから。自分自身が育ったのは中国ではなく日本。日の丸を背負って世界と戦いたい熱い思いがありました。

(引用:http://yutori-tabletennis.net/archives/5507 )

このように調べていて、私は日本のことを思ってくれて帰化して、オリンピックで世界に向けて活躍してもらえていることがすごくうれしくなりました^^!!

ゆき
ゆき

ありがとうございます!!!

張本智和中国語は話せる?

張本選手は、日本語、中国語ともにはなすことができるようです。

<インタビュー部分の翻訳>

打比賽的時候拿分就好高興(試合中に点を取れば、すごく嬉しい)
贏了更高興(もし勝ったら、もっと嬉しい)
(封號)沒想那麼多(タイトルのことはそんなに考えてない)
打比賽 爭取贏了就行(試合さえ勝てればいい)

とお話しているようです。

ご両親が中国国籍といえども、異国語を話すことが難しいのは本当によくわかる(英語の授業とか私が嫌いだったので・・・(笑))ので、張本選手の努力がわかりますよね!

 

張本智和の両親の国籍は中国?のまとめ

今回は、張本選手のご出身などについてまとめました。

出身が違っても、日本で育ったことを誇りに思ってもらえているのはすごくうれしいですよね!

今後の活躍が楽しみです!!