お役立ち情報

箱根駅伝予選会2021日程いつ?テレビ放送はあるか/出場校予想

こちらの記事では第98回 東京箱根間往復大学駅伝競走予選会のテレビ放送はあるのか、上位校予想などしていきます。

[第98回 東京箱根間往復大学駅伝競走予選会]

日時:2021年10月23日(土)9時35分スタート
場所:陸上自衛隊立川駐屯地内周回コース
立川駐屯地内周回コースです。

箱根駅伝予選会2021テレビ放送はある?

日本テレビで、予選会の生中継が放送予定です!

  • 2021年10月23日(土)午前9時25分~ 生中継
  • BS日テレ 2021年10月23日(土)午後7時00分〜 再放送
  • 日テレジータス特別編 2021年10月31日(日) 午後8時30分~ 放送

箱根駅伝予選会2021出場校は?本大会出場予想!

すでに41校が予選会に出場することが決定しています。

出場校一覧表↓↓

https://www.kgrr.org/event/2021/kgrr/98yosen/schoollist.pdf

各校12名の選手が一斉に走り、上位10名の合計タイムにより上位10校が選ばれます。

上位10校が来年1月2・3日に行われる「第98回箱根駅伝」へ出場できます。

予選上位予想校

明治大学
中央大学
日本体育大学
拓殖大学
法政大学
中央学院大学
神奈川大学
国士館大学
駿河台大学
山梨学院大学

上位2位は、明治大学と中央大学が有力です。

10000mのベストタイムが28分台の選手が明治大学には8名、中央大学には5名います。

今回の箱根駅伝予選会の選手の中で、5000m・10000mのベストタイムが上位層の選手が多いのも、明治大学と中央大学です。

 

しかも、明治大学には、前大会の主力メンバーが7名残ります。

明治大学には経験と実力を備えた選手が揃うので、かなり有利です。

今回の予選大会では、一番実力があると言われているチームです。

 

中央大学は、長距離に強いと言われています。

ハーフマラソンの上位10人平均タイムは、出場チーム中トップです。

学年問わず、どの学年も走力のある選手を揃えたチームです。

 

この2校が予選会トップになることが予想されます。

 

拓殖大学

前回予選会のメンバーが10人いるため、安定した走りを見せると思われます。

トラックで結果を出せる選手が多いため、スピードに自信があると思います。

「育成の拓殖大」という異名があるそうですが、上級生の3・4年生は関東インカレや、各ハーフマラソンの大会で好成績をおさめ、後輩の見本となり活躍しています。

 

法政大学

昨年の箱根駅伝17位という予想外の結果を覆すために、一年間一生懸命頑張ってきた法政大学。

日本学生ハーフ優勝の鎌田航生選手の走りに注目です。

他にも10000mを28・29分台で走る選手がたくさんいます。

是非とも昨年のリベンジを果たしてほしいですね!

 

中央学院大学

昨年の箱根駅伝予選会で、上位通過候補だったにも関わらずまさかの落選。

その悔しさを忘れることなく、一年間練習を重ね、実力を積んできただけに注目の大学です。

10000mを28分台の記録を持つ1年生が2名いるチームなだけに、名誉挽回となるかもしれません。

 

神奈川大学

前回の箱根駅伝予選会で走った経験者が多数残っています。

大学の練習環境も変わり、新トラック整備も完了し、練習に熱が入っていることでしょう。

選手にとっては大きな改革となったはずです。

即戦力が期待できる1年生が多数入部したこともあり、箱根駅伝予選会の結果が楽しみです。

 

国士舘大学

9月末に行われた大学内での記録会で、10000mで好記録を出した選手が大勢いるという情報があります。

その選手を中心にエントリーが確定したのでしょうか?

 

新入生23人が加わり、箱根駅伝に向けてのモチベーションが上がる国士舘大学。

有力選手も多数入部しているため、今後の展開に注目です。

 

駿河台大学

埼玉県の中学校体育教師を休職し、編入した注目の31歳の今井隆生選手は4年生になった今回がラストチャンス。

 

上級生中心のエースが揃うチームですが、これまでの経験を下級生にも引き継いでチームワークで好成績を残してほしいと思います。

 

山梨学院大学

自校主催の記録会では、10000mではケニア人留学生のポール・オニエゴ選手(4年)が29分4秒53でトップでゴール。

他校でも留学生の活躍はめざましいですが、山梨学院大学は昔から留学生の走りが注目されており、今年も目が離せません。

他の選手も、箱根駅伝予選会に向けていい仕上がりを見せています。



 

箱根駅伝予選会2021テレビ放送はある?まとめ

上位有力大学は、明治大学と中央大学である。

前回大会経験者である選手が、今回もエントリーしている大学が多く、前回の経験を生かした走りを見せてくれると信じている。

初参加の1年生の活躍も期待。箱根駅伝の経験はないが、大学に入って好成績を上げている選手もいる。

海外留学生の活躍も目立つ。日本人とは違う体格や走り方にも注目したい。

予選会の天候や、選手のコンディションにもよりますが、どの学校も実力のある選手が出場することは間違いないですね!

箱根駅伝予選会がとても楽しみです!