お役立ち情報

豪徳寺猫グッズはある?招き猫がたくさんある理由は?周辺のカフェやランチも紹介

東京都世田谷区にある『豪徳寺』。

みさき
みさき

こちらのお寺では前足を上げて、福を招いてくれるという「招き猫」が発祥の地ともいわれている場所です。

さらに、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」で江戸幕府の重臣・井伊家に縁のある由緒あるお寺でもあります。

ゆき
ゆき

お寺好きな人、ねこ好きな人、海外の観光客も多く訪れてる有名な場所です。

そこで今回は

豪徳寺猫グッズはある?御朱印は?

豪徳寺招き猫がたくさんある理由は?招き猫発祥の地?

豪徳寺周辺のおすすめカフェ/ランチ/イタリアンなど

この3つを紹介していきたいと思います。

猫の健康維持のために与える植物とは?肉食なのになぜ猫草が必要? 猫を飼っている人の多くが、猫の健康維持のために猫草というのを育てている人は多いと思います。 どう...

豪徳寺猫グッズはある?御朱印は?

みさき
みさき

豪徳寺には様々なところで猫に出会えることができます。

三重塔の一層目や二層目に三層目に猫が彫られています。

願いことを書いて掛ける絵馬にも、猫のイラストが描かれています。

豪徳寺内にある猫を祀った「招福殿」。

ゆき
ゆき

招福殿の向かって左側には招き猫が集まる奉納所があります。

そこには大小さまざまなサイズの招き猫がずらりとならんでいます。

その数はなんと!約4,000体ほどあるというのですから驚きです!

これだけの招き猫があるのは壮観ですね。

みさき
みさき

これだけの数の招き猫を観賞してるだけで、福を招いてくれる気持ちになりますね。

ゆき
ゆき

自宅でも幸せな気持ちにしてくれる招き猫のグッズほしいですね。

招き猫は寺務所に販売されています。

サイズも大きいものから小さいものまで全9種もあるみたいです。

・尺 (約30センチ) 5,000円
・8号(約25センチ) 3,500円
・7号(約18センチ) 2,300円
・6号(約15センチ) 1,800円
・5号(約12センチ) 1,000円
・3号(約 9センチ) 800円
・2号(約 6センチ) 500円
・豆サイズ(ケース付き、約2センチ) 500円
・豆サイズ(ケースなし、約2センチ) 300円

みさき
みさき

どれも可愛くて欲しくなりますね。

みさき
みさき

授かれるご利益は金運や家内安全、心願成就などになります。

豪徳寺には御朱印と御朱印帳が販売してあります。

御朱印には真ん中には本尊釋迦牟尼佛がかかれ、右上に招福猫児発祥之地の印。

左上に井伊大老之墓所、左下に世田谷大谿山豪徳寺の文字、武蔵國大谿山豪徳寺の印が押されています。


隅に招き猫がチラリと見えているのがワンポイントですね!

御朱印帳は豪徳寺のオリジナルデザイン。

右下に猫の足跡ついている可愛いデザインでグリーンとエンジ色がベースとなっている2種と招き猫の後ろに観音様が描かれた御朱印帳があります。

豪徳寺の御朱印をいただくには、仏殿横にある寺務所にていただけます。

・受付時間は午前9時から午後16時30分

・参拝時間は午前6時から午後17時

になります。

みさき
みさき

御朱印帳に御朱印を書いてもらい、招き猫グッズを手に入れて福のパワーを手に入れたいですね!

ねこねこ食パンはオンラインで買える?新作ティラミス味はどこで買える?みなさんは「ねこねこ食パン」という言葉を聞いたことがあるでしょうか? 今回はそんな「ねこねこ食パン」について詳...

豪徳寺招き猫がたくさんある理由は?招き猫発祥の地?

豪徳寺が招き猫発祥の地とされるようになった由来は、井伊直孝と深い関係があります。

江戸藩邸に暮らしていた井伊直孝はある日、鷹狩に出かけた帰りに小さな寺の前を通りかかました。

みさき
みさき

そのとき、一匹の猫を見かけ自分を招いてくれるように感じた井伊直孝。

門内に入ると、急に天候が悪化し、雷雨になったのでした。

ねこのおかげで雷雨を避けることができ、説法を聞けたことによって縁を紡ぎました。

これが井伊直孝と猫との偶然の出会いが「招き猫」発祥の地とも言われる由来なったのです。

猫が亡くなった際には、ねこのおかげでお寺が栄えたことで感謝の意から、豪徳寺に招福殿を立て祀ることになりました。

本来、招き猫は購入して連れて帰り、願い事を叶えたときに奉納しに来るのが良いといわれています。

みさき
みさき

最近では連れて変えることはせず、そのまま奉納所の方において行く人がふえているそうです。

みさき
みさき

たくさんの招き猫はこうして増えていったそうです。

みさき
みさき

置いて帰るのがNGではないみたいです。

▼かわいいね♪▼

豪徳寺周辺のおすすめカフェ/ランチ/イタリアンなど

数多くの観光客がおとずれるスポットなので、豪徳寺周辺には多くのおしゃれな店舗が出店しています。

その中でもおすすめカフェやイタリアンを紹介していきたいと思います。

・ピコンバー

昼はカフェ、夜はダイニングバーとして食事を楽しめて、自家製コンビーフやパスタ、ピザ、サラダなとイタリアンを中心としたお店です。

https://www.facebook.com/pages/%25E3%2583%2594%25E3%2582%25B3%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2590%25E3%2583%25BC/289576907720633

・FIKAFABRIKEN

白を基調とした北欧テイストで可愛らしい女の子のロゴが魅力的な外観で、スウェーデンを中心とした北欧菓子をいただけるおしゃれな洋菓子店です。

http://fikafabriken.jp/

・Munch`s Cafe

生パスタが絶品でお肉料理もおいしいランチ料理で、ドッグ同伴もOKなドッグカフェなのでペットと共に行けるお店です。

https://twitter.com/munch_ume

まだまだ他にもたくさんの魅力的なカフェ、ランチを楽しめるお店があります。

みさき
みさき

どこのお店にいこうか悩んでしまいますね。

まとめ

みさき
みさき

豪徳寺の招きの猫の由来やグッズ情報、周辺のおすすめカフェなどを紹介しました。

ゆき
ゆき

招きの猫の由来になる一端を知ることができましたね。

豪徳寺に訪れた際にはぜひずらりと並んだ壮観な招き猫は見たいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。