お役立ち情報

コロナ抗原検査キットって日本製の購入方法!通販や薬局で販売?精度や価格も

コロナ抗原検査キットの購入方法を調査!通販で買える?

誰にでも感染の可能性がある、新型コロナウイルス。

発熱の症状が出ても条件を満たしていないと検査を受けられなかったり、近隣に対応してくれる医療機関がなくて検査を受けられなかったりと、感染の不安を感じた方全員がすぐに検査を受けられる環境が今もまだ整っていません。

ゆき
ゆき

いつでも受けたい時に検査を受けられたら…。

自分で検査できるキットが販売されているようなので、調べてみました。

コロナ抗原検査キットって?PCR検査とどう違うの?

コロナ抗原検査キットの購入方法を調査!通販で買える?コロナ検査関連のニュースを見ていて気付いたのは、「PCR検査」「抗原検査」「抗体検査」と、検査が数種類あることです。検査の違いについては、別にトピックを立てているので、そちらをご参照いただければと思います。

PCR検査自宅でできるもののおすすめは?早くて郵送にも対応!「PCR検査」。 このコロナ禍の中で、ニュースなどで聞いているうちに自然に定着した言葉の一つですね。 そんなPCR検査ですが...

今回はその中の「抗原検査」について注目してみたいと思います。

⇒【クリック!】PCR検査自宅でできるもののおすすめは?早くて郵送にも対応!

「抗原検査」とは

検査したいウイルスの抗体を用いてウイルスが持つ特有のタンパク質(抗原)を検出する検査方法です。PCR検査に比べ検出率は劣りますが、少ない時間で結果が出る、特別な検査機器を必要としないことから速やかに判断が必要な場合等に用いられることが多いです。

TOKYO BUSINESS CLINIC

ニュースでよく見聞きする「PCR検査」は、ウイルス検出の精度が一番高い検査のようですが、検査機器がどこの病院にもあるわけではなく、また検査結果が出るまでにまる1日を要するようです。

その点「抗原検査」は、簡易キットを使用して30分ほどで結果が分かるので、キットさえあれば自宅でも検査できます。

みさき
みさき

「PCR検査」に比べて「抗原検査」は、精度は劣るけれど、誰でも受けられて結果が速く分かる検査ということでしょうか。

医療に従事されている方や介護施設で働く方など、感染のリスクが高いあるいは、感染させてしまうとクラスターを発生させてしまう可能性がある方などは、検査を頻繁に受けられると、日々の不安を解消するのに役立ちそうですね。


コロナ抗原検査キットの精度は?信頼できる?

市販され入手しやすくなった検査キットですが、果たしてその精度はどのくらい信頼できるものなのでしょうか

「抗原検査」 には 「抗原定性検査」 と 「抗原定量検査」 の2種類の検査方法があるのですが、「定量検査」は鼻腔からの検体採取以外に唾液でも検査ができること、「定性検査」 に比べて少ないウイルス量でも検出できること、検査には特定の検査機器が必要なことが 「定性検査」とは異なる点です。

市販されているキットですぐに結果の分かるタイプは、抗原定性検査」にあたります。

承認後当初は、抗原検査キットで陽性の場合は確定診断となる一方、陰性の場合は確定診断のために再度PCR検査が必要でしたが、調査研究の結果、発症2日目から9日以内の有症状者については、抗原検査キットとPCR検査の結果の一致率が高いことが確認されました。そのため、6月16日に「 SARS-CoV-2 抗原検出用キットの活用に関するガイドライン」の見直しを行い、鼻咽頭拭い液による検査は、発症2日目から9日目までの患者について、検査結果が陰性でも確定診断が行えるようになりました。

抗原検査について (厚生労働省公式HPより引用)

(参考) 定性抗原検査キットを活用した検査フロー

コロナ抗原検査キットの購入方法を調査!通販で買える?

検査フロー (厚生労働省公式HP)

症状が出て2日目から9日目までは、比較的ウイルス量が多いため正しい結果が出やすく、逆に症状が出た初日あるいは10日目以降は、正しい結果が得られない可能性があり、陰性でもPCR検査が必要です。

症状が出て2日目から9日目までに検査し、陰性の結果が出たら 「新型コロナ」 ではないということですね。

しかし留意点として、検体の粘性が高いと偽陽性の結果が報告されていることや、各社の検査キット自体の性能の違いで、正しい結果が得られないこともある、とのことです。

コロナ抗原検査キットの購入方法は?価格はいくら?

コロナ抗原検査キットは、ネットショップやマツキヨなどのドラッグストアでも販売されていて、誰でも購入可能です

楽天とyahooでも複数回分がセットになった商品が、何種類か販売されていました。

 

Luxus Lebenswelt社 「新型コロナウイルス抗原検査キット」(10回分) (yahoo)」

ドイツ製で、価格は税込27,500円。

コロナ抗原検査キット日本製はある?購入方法は?

コロナ抗原検査キットの購入方法を調査!通販で買える?ネットで販売されている「抗原検査キット」は、どれも海外製の輸入品でした

日本の薬事法に基づく承認や認証を受けていない医薬品や医療機器の輸入や販売を行うことは違法行為なのですが、これらのキットは承認済なのでしょうか?

みさき
みさき

調べたところ市販されている輸入品は全て日本では未承認の商品でした。

体外診断用医薬品として販売すると違法になるので、あくまでも「研究用の調査キット」として販売されているようです。

そのため商品説明文には「コロナウイルス感染の診断ができる」という医療キットを想像させる表現を用いず、「感染有無判定の参考として使用可能です」という表現に留めています。

たしかに精度や安全性など時間をかけて調べなくてはなりませんので、簡単に国内認証を得られるはずがありません。

ただ輸入元の国では体外診断用医薬品として正規認定された商品もあり、ただちに精度が低いとも判断はできません。

ゆき
ゆき

では認証済の国内製の抗原検査キットは存在しないのでしょうか。

厚生労働省のHPに「新型コロナウイルス感染症の体外診断用医薬品(検査キット)の承認情報」が掲載されていて、現在8種類の「抗原検査キット」が承認済になっています。

残念ながら一般には市販されておらず、医療機関向けのみに販売されていますので、医師の診察を受ける必要があります。

医師が症状を認めた上で検査を受けると保険適応されますが、無症状で検査を受けたい場合は、自費扱いになり1万円以上する医療機関が多いようです。

新型コロナウイルス感染症の体外診断用医薬品(検査キット)の承認情報 (厚生労働省公式HP)

以上、コロナ抗原検査キットって日本製の購入方法!通販や薬局で販売?精度や価格について調べました。

お読みいただきありがとうございました!