お役立ち情報

ブルーインパルスオリンピック開会式見える場所は?時間やルートを予想

いよいよ2021年東京オリンピックも間近に迫って来ました。

みさき
みさき

オリンピックの開会式にどのような演出がされるのか今からとても楽しみですね!

そんな中でも気になるのが、オリンピック開会式の演出の大目玉と言っても過言ではないブルーインパルスの展示飛行!

ゆき
ゆき

どんなアクロバットが披露されるのか期待が高まるばかりです。

せっかくのブルーインパルスの展示飛行、バッチリベストポジションで見たいと思いませんか?

そこで、今回はブルーインパルスに関する

・ブルーインパルスオリンピック見える場所は?見るには?

・ブルーインパルス開会式時間や飛行ルートを予想!

・ブルーインパルス開会式何をする?

この3点について解説していきたいと思います。

デーデーブルーノは誰?国籍は日本か/どこのハーフか/出身や身長、両親についても2021年6月24日から行われた「東京五輪代表最終選考会兼日本選手権」。 その大会で男子100m決勝と男子200m決勝にて、第2位...

ブルーインパルスオリンピック見える場所は?見るには?

まずは、ブルーインパルスが見える場所をチェックしましょう。

この章では、ブルーインパルスが見えるエリアと見るためのオススメスポットをご紹介します!

ブルーインパルスが見えるエリア

ブルーインパルスが見える場所は、飛行ルートでもある以下のエリア周辺がオススメです。

・東京都庁
・東京スカイツリー
・杉並区
・国立競技場
・北区
・葛飾区
・東京タワー

これらのエリアの中でも、上空が見られるスポットが良いでしょう。

広く上空を見あげられる公園や、上空に近い高層ビルがオススメです。

場所探しの注意点とオススメ

高層ビルでブルーインパルスを見る場合、感染症対策のため封鎖されている場所もあるので要注意です!

みさき
みさき

事前に確認する必要があります。

例えば、東京都庁展望台はブルーインパルスを見る絶好のスポットのようにも思えますが、コロナワクチンの摂取会場になっているため入場することが出来ません。

(東京都庁展望台公式サイトより展望室のご利用案内|東京都庁見学のご案内 (tokyo.lg.jp))

ブルーインパルスを見るには、公園など広い場所で待機するのが有力かもしれません!

屋外待機する場合には、熱中症対策を忘れずに万全に行いましょう♪

ブルーインパルスの予行演習の日時

オリンピック開会式直前の7月20日、21日、22日のいずれかに1日、ブルーインパルスの飛行展示の予行練習が行われるようです。

この予行練習のタイミングでブルーインパルスが見られる絶景スポットを事前に確認しておくのも一つの手段かもしれません!


ブルーインパルス開会式時間や飛行ルートを予想!

この章では、開会式の時間とブルーインパルスの飛行ルートの予想を行います。

2021年東京オリンピックの開会式の日時と場所

2021年東京オリンピックの開催日は、「2021年 7月23日 金曜日」です!

開会式の開催時間→20時~23時

会場→国立競技場

ヤフー東京オリンピックパラリンピックガイドより
https://2020.yahoo.co.jp/schedule/olympic/0723/

ブルーインパルスの飛行時間は?

ブルーインパルスの飛行時間は、飛行直前での発表となるようです。

過度な人口密集地を避けるための感染対策のようです。

ゆき
ゆき

コロナ禍でのオリンピックのため仕方ありませんね。

飛行時間は直前に会員制のSNS上で公表されるようです。

「防衛省 航空自衛隊」の公式Twitterを要チェックする必要がありますね!

こちら⇒https://twitter.com/jasdf_pao?s=11

現時点での飛行時間の予想としては、日中であることは間違いないでしょう。

開会式の開催時間が夜間ですが、夜間ではせっかくのブルーインパルスのスモークが見えなくなるため、開会式の時間に合わせての夜間に飛行するということはないはずです。

ブルーインパルスの飛行ルート

気になるブルーインパルスの飛行ルートですが、完結まとめると……

「東京都庁→東京スカイツリー→杉並区→国立競技場→北区→葛飾区→東京タワー方面へ」という経路です!

防衛省公式Twitterより
https://twitter.com/jasdf_pao/status/1415543619277049856?s=21

みさき
みさき

前述したように時間は直前にしか発表されません。

飛行ルートで待機して期待に胸を膨らませるのも楽しみ方の一つですね♪

もしくは、移動中やふと窓を見上げた際に偶然にもブルーインパルスが飛ぶ姿を見られたら、尚更!ラッキーに感じるかもしれませんね♪

ブルーインパルス開会式何をする?

最後にこの章ではブルーインパルスがどのような展示飛行を行うのか予想します。

ブルーインパルスの展示飛行の内容は?

オリンピックの象徴である五輪を、スモークを使って空に描くようです。

みさき
みさき

スモークのカラーは全5色!【赤、青、黄、緑、黒】です。

5色のカラースモークを用いて夏空に描かれる五輪を想像するとわくわくしてきます!

1964年の東京オリンピックでも同様にスモークを用いて五輪を描く飛行展示を行ったようです。

57年ぶりに東京の空に五輪が描かれると思うとなんだかロマンチックな気持ちになってきませんか?

ブルーインパルスオリンピック開会式見える場所は?のまとめ

ここまで、ブルーインパルスの見える場所や飛行ルートについて紹介してきました。

最後に改めて、ブルーインパルスの見える場所、飛行ルートをまとめると

・東京都庁
・東京スカイツリー
・杉並区
・国立競技場
・北区
・葛飾区
・東京タワー

このエリアを上から順に飛行していきます。

みさき
みさき

エリアとルートの確認が出来ましたら、あとは当日が快晴であることを祈りましょう。

もちろん、感染症対策と充分な熱中症対策も忘れずに!

屋外でブルーインパルスを待つ方は飛行時間が直前まで未定ですので、長丁場であることを考慮した対策を行ってくださいね。

安全にブルーインパルスの飛行を楽しみましょう♪

また、8月24日のパラリンピックの開会式の日もブルーインパルスは展示飛行をする予定とのことです!

そちらの空も今から楽しみですね♪

橋本聖子、夫や家族、実家や経歴について調査。高橋大輔とキス?オリンピック五輪組織委員会会長2021年2月18日、橋本聖子がオリンピック組織委員会会長として、女性蔑視発言問題で引責辞任した森喜朗氏の後任の形で就任しました。 ...
小山田圭吾何した?辞任理由や元になった記事をわかりやすく解説
小山田圭吾何した?辞任理由や元になった記事をわかりやすく解説東京オリンピック・パラリンピックの開会式の演出担当の一人、小山田圭吾さんの辞任の意向が、19日、発表されました。 14日に...