お役立ち情報

阿蘇山ライブカメラリアルタイム/気象庁京都大学など噴火情報まとめ

2021年10月20日に阿蘇山が、噴火したと言うニュースが流れました。

 

みさき
みさき
レベル2から入山規制のレベル3に変更されて、緊張が今も続いています。
ゆき
ゆき
しかし10月24日時点で阿蘇山噴火に対する、ニュースは流れていません。
みさき
みさき
とは言うものの今後も注意が必要でしょう。

気になる阿蘇山の様子と、今後について調べて見ました!

阿蘇山噴火したらどこに逃げる?福岡はどうなる/被害の範囲など予想日本に住む人たちにとって避けられない自然災害のひとつである火山の噴火は、特に九州の人にとっては身近な問題ですよね。九州でも有名な大型の活...

阿蘇山ライブカメラリアルタイム

 

気象庁監視カメラ (草千里)

https://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/obs/camera/503_8200C418/20211024194007.jpg
気象庁監視カメラ (車帰)

https://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/obs/camera/503_8200D354/20211024195208.jpg
京都大学

http://www.aso.vgs.kyoto-u.ac.jp/hondocam/hondoimg.jpg

http://www.aso.vgs.kyoto-u.ac.jp/camera/image1.jpg


阿蘇山噴火の状況や被害 

阿蘇山(あそさんとか、あそざんと言われます。)は九州のほぼ中心部に、位置する活火山です。

2021年10月20日 午前11時43分に、阿蘇山中岳第一火口で噴火が発生したと言う、ニュースが流れました。

噴煙は3500メートルまで上がり、火砕流は火口より1キロ以上の場所まで、達した事が確認されていました。

火口周辺警報(噴火警戒レベル3・入山規制)が発令されています。

気象庁の報道発表を読んで見ると、風下では火山灰に加えて小さな噴石が、風に乗って流され遠方で降ると言う事で、注意する様に書かれていました。

そして火山ガスにも注意し、地元自治体に従い危険な地域には、立ち入らない様にとの事でした。

噴火に対して無知な私は、レベル2から3に上がったと聞いて、それだけで恐怖を感じます。

それでは今回の噴火の被害は、どうなのでしょう?

そこで近辺の被害についても、調べて見ようと思います。

阿蘇山噴火による被害

阿蘇山登山者

20日、阿蘇山登山届を出されている11人を含める、16人の下山を確認していて、全員ケガも無いと言う事でした。

その他の行方不明者の情報も無いと言う事です。

自治体や警察等

自治体と警察そして消防で作っている協議会によると、20日の今回の噴火による、人的被害は確認されていません。

農作物について

高森町のキャベツ農家で、被害が出ている様です。

80代のキャベツ農家女性のお話では、「20日の噴火の火山灰は、過去の灰と比べると粒が大きいです。強い雨が降れば、灰が落ちるかもしれない、しかしそうでなければ、出荷出来なくなるかもしれない。」と言う事でした。

「灰を洗って出荷できないのか?」と問われると、「洗うと日持ちがしなくなる。腐ったりする。」と言う事でした。

大変な損害が、出るかも知れません。

阿蘇山噴火今後はどうなる?備えられることは? 

噴火のあった20日以降に、阿蘇山の噴火について、報告はありません。

今後はどの様になるのでしょうか?

阿蘇山噴火の今後と、備えられることを、少し調べて見ました。

阿蘇山噴火今後はどうなる?

10月20日の噴火の数日前より、警戒していた様です。

専門家の方々は、いよいよきたか…と言った感じなのかも知れません。

レベル3に引き上げられたと言う事は、これからも注意が必要だと思われます。

今の所は、気象庁の公式ページを見ても、新しい発表はありません。

しかしはっきりした事は、まだ分かりませんから、阿蘇山近くの方々は、噴火専用の防災用品の用意確認をしておきましょう!

備えられることは?

*気象庁より引き用。

今回出されたレベル3とは、居住地域の近くまで重大な影響を及ぼす、噴火が発生するもしくは、噴火が発生する事が予想される段階です。

今の時点でも、十分に注意する必要があります。

この時点で備えられる事項を調べて見ました。

予想する事の出来る災害と範囲を知りましょう。

火口に近い程大きな被害が、おきる可能性があります。

噴火が登山の途中でおきれば、たくさんの被害者が出てしまった、御嶽山の様な事がおきるかもしれません。

しかし火口から離れた場所でも、火山灰の被害や土砂災害が、おきる可能性があります。

地震とは違い被害が長期に渡るのも、噴火災害の特徴です。

自分の行動範囲(学校や職場などの日常生活圏)で噴火がおきた時に、どの位の危険が予想されるか整理しておくのが必要でしょう。

登山(活火山)をする方の注意点

阿蘇山は入山規制が引かれていますが、今後の事もありますので、上げて見ました。

気象庁より出される、火山登山者情報ぺージを参考に、十分情報収集が必要だと思います。

登山者向けの情報提供ページ (jma.go.jp)

登山届(登山計画書)の作成および提出

コンパス~山と自然ネットワーク~ (mt-compass.com)

登山届は決まった書式はないそうです。

しかし今は上の様なサイトで、書式が用意されている様です。

ちなみにこちらはPC版ですが、アプリをダウンロードすれば、スマホでも登山届を作成できます。

ハザードマップ(火山防災マップ)の確認

自分の生活の中での行動範囲が、噴火が起こった時にどの様になるか、ハザードマップで確認が必要です。

 

火山ハザードマップデータベース (bosai.go.jp)

*ご自分の地域火山ハザードマップを調べて見ましょう。

1983年より現在までに、日本で公表された活火山ハザードマップ、防災マップを網羅的に収緑しデーター化したものです。

噴火防災用品の用意

噴火専用の防災用品があるので、そちらの準備もしましょう!

火山ガスマスクや火山灰マスク、ヘルメット、携帯トイレなどの準備が必要でしょう。



 

阿蘇山ライブカメラリアルタイムのまとめ 

10月20日阿蘇山噴火でレベル2からレベル3へ変更されて、緊張が続いている阿蘇山です。

今までに人的被害について発表はありません。

しかし農作物に対しては、かなり被害が出ている様です。

 

噴火の模様を見ると、噴火に対する知識が無い為か、恐怖心が湧き出て来ます。

 

「富士山が噴火する」と言われて、だいぶ経ちます。

富士山は活火山ですし、いつ噴火しても、おかしくないのです。

富士山が噴火したなら、広い範囲で被害が出る事でしょう。

 

阿蘇山の噴火から学び、その他の地域の方々も、備えて行くのが良いと思いました。

 

阿蘇山噴火の被害が、広がらない事を祈ります。