芸能人

あいみょんがパクリ/盗作疑惑?似ている曲とパクリといわれてしまう理由を考察

みさき
みさき

あいみょんの新曲『桜が降る夜は』がパクリではないかとSNSを中心に噂になっています。

また、過去にリリースした曲にも盗作疑惑がありました。

ゆき
ゆき

あいみょんは本当にパクリ/盗作をしているのでしょうか!?

そこで今回は、あいみょんのパクリ/盗作疑惑の真偽について調査し、パクリ/盗作といわれてしまう理由を考察してみたいと思います!

▼あいみょん新曲♪▼

あいみょんがパクリ/盗作疑惑?似ている曲は?

2016年にシンガーソングライターとしてメジャーデビューし、心に刺さる歌詞と印象的なメロディーで音楽界を一世風靡しているあいみょんさん。

みさき
みさき

デビューした日の11月30日は、ファンからあいみょんの日といわれてるんだって!

ゆき
ゆき
語呂合わせで1130=いいさお(ギター)の日ともいわれています!

あいみょんさんの新曲『桜が降る夜は』は、ABEMAテレビの大人気恋愛ドラマ『恋とオオカミには騙されない』シリーズ最新作の主題歌でもあり、『恋オオカミ』のファンからも、切なくも甘酸っぱい恋愛を歌う歌詞がドラマのイメージにぴったりだと大絶賛されています。

恋とオオカミ2021メンバーキャストのSNSインスタまとめ・詳細プロフィール ABEMAのオリジナル恋愛リアリティーショー“オオカミシリーズ”。 その最新作『恋とオオカミには騙されない』のレギュラー配...

その一方で、『桜が降る夜は』の公開直後から、SNS上ではこんな声が聞かれるようになりました。


そして3月26日に放送された『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に出演したあいみょんさんが『桜が降る夜は』をテレビで初披露した途端、SNSはパクリや盗作を指摘する声であふれかえったのです。

まず、『桜が降る夜は』に似ている曲として上記のロックバンド『WANDS』の大ヒット曲『世界が終わるまでは…』が一番多く挙げられています。

『桜が降る夜は』の曲の出だしの部分と、『世界が終わるまでは…』のギターのAメロ前がほぼ同じではないかという指摘です。

私も実際に聴いてみましたが、確かに似ていると感じました。

ゆき
ゆき

『桜が降る夜は』と『世界が終わるまでは』は、タイトルも若干似ているかも…?

▼名曲だよね~♪▼

この他に似ている曲として、あいみょんさんと同じシンガーソングライターの宇多田ヒカルさんのデビュー曲『Automathic』が挙げられています。

『桜が降る夜は』の歌いだし「4月の夜は~」と、『Automatic』の歌いだし「7回目のベルで~」の部分が似ているという指摘です。

個人的にはこちらもよく似ていると思いました。

更に、音楽ユニット『Le Couple』の『ひだまりの詩』の歌いだしに似ているという意見もありました。

実際に聴いてみると、なるほどという感じです。

みさき
みさき

3曲とも歌いだしがそっくりなんですね。

実は過去にもあいみょんさんにはパクリ/盗作疑惑がありました。

まず2018年にリリースされた5thシングル『マリーゴールド』です。『マリーゴールド』はストリーミングサービスで20週連続1位を獲得した大ヒット曲ですが、『マリーゴールド』のサビ部分と、『ゲームボーイ』のソフト『メダロット2』のBGMが似ているという指摘が多くありました。

また、『マリーゴールド』はシンガーソングライターの小沢健二さんの『さよならなんて云えないよ』という曲のサビ部分や、同じくシンガーソングライターの小松未歩さんの『あなたを愛してくこと』という曲のサビ部分に似ているという指摘もあったようです。

実際に聴いてみると、特に『あなたを愛してくこと』は、『マリーゴールド』に正直そっくりだと感じました。

更にパクリ/盗作疑惑は続きます。2020年にリリースされた10thシングル『裸の心』のサビ部分が、フォークグループ『赤い鳥』の『翼をください』の歌いだしに瓜二つだとされ、この時もSNS上でパクリ疑惑の意見やそれに対しての反論などの論争が繰り広げられました。

このように、あいみょんさんの曲はリリースが新しいものから『桜が降る夜は』、『裸の心』、『マリーゴールド』の3曲がパクリ/盗作疑惑のある曲として挙げられています。そして、個人的にはどれも確かに「似ている!」と感じました。

みさき
みさき
YouTubeに似ている曲の比較動画が沢山あります。興味のある方はチェックしてみてくださいね。

あいみょんがパクリ/盗作といわれてしまう理由

みさき
みさき

それではどうしてあいみょんさんがパクリ/盗作をしていると騒がれているのでしょうか。

その理由を考察する前に、まずはあいみょんさんの音楽のルーツからご紹介したいと思います。

あいみょんさんが音楽的に影響を受けたのは、吉田拓郎さんや河島英五さん、そして浜田省吾さん等の男性フォークシンガーだと言われています。

フォークソング全盛期の昭和の時代に活躍したアーティストを好んで聴いていたようですが、彼女の年齢を考えるとかなり渋い音楽の好みだといえます。

その後ロックバンド『スピッツ』やシンガーソングライターの小沢健二さん、そして平井堅さん等に影響を受け、『スピッツ』の曲のカバーもしていたそうです。

ゆき
ゆき

あいみょんの歌うスピッツ、ちょっと聴いてみたいですね。

このように、あいみょんさんの音楽のルーツには昭和時代のフォークソングや、90年代を中心とした歌謡曲があります。

みさき
みさき

また、彼女は特に歌詞重視の曲を好むと言われています。

そのために、聴く人にどこかノスタルジーを与える曲と、磨かれた感性から生み出される心に沁みる詞が融合した、あいみょんならではの強い個性を持つ歌が作り出されるのでしょう。

ゆき
ゆき

老若男女問わずファンが多い秘密は、この古さと新しさの融合にあるといえます。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、本題のあいみょんさんがパクリ/盗作と言われてしまう理由を述べたいと思います。

まず第一の理由ですが、ズバリあいみょんさんの曲が大人気だからだと思います。

どの世界でも言えることですが、注目が集まれば集まるほど、自然とアンチも多くなりますよね。

そのため、批判する声も大きくなる傾向があります。

そして、第二の理由は、あいみょんさんの曲が耳に残りやすいため、他の曲と比較されやすい点が挙げられます。

ゆき
ゆき

何故耳に残りやすいかというと、あいみょんさんの曲にはカノン進行が使われているからです。

カノン進行とは、作曲家のパッヘルベルの『カノン』という曲で用いられているコード進行です。

このカノンコードが使われている曲は、聴いていて心地よく安定したメロディーとなるため、古くから世界中の曲に採用され、有名な曲が沢山あります。

日本でもカノン進行が使用されている曲にはヒット曲が多数あり、有名なものは4人組バンド『Official髭男dism』の『Pretender』や音楽グループGreeeeNの『キセキ』、スピッツの『ロビンソン』や『チェリー』等が挙げられます。

そしてあいみょんさんの『マリーゴールド』や小沢健二さんの『さよならなんて云えないよ』にもカノン進行が使われているのです。

つまり、耳に残りやすいカノン進行の曲は、どこか似たような雰囲気を持ってしまい、その結果としてパクリ/盗作疑惑が生まれてしまうのではないでしょうか。

ゆき
ゆき

女性アイドルグループ『AKB48』の『恋するフォーチュンクッキー』もカノン進行です。

あいみょんパクリ/盗作疑惑はデマ?

それでは、実際のところあいみょんさんはパクリ/盗作をして曲をつくったのでしょうか。

この答えは、個人的には「ノー」だと思います。

みさき
みさき

ただし、好きな曲のエッセンスを自分の曲に少し反映させた、ということはもしかしたらあるのかもしれません。

俗にいうオマージュですね。

特に芸術の世界では、音楽だけでなく映画にしろ漫画にしろ、先人への尊敬の意味を込めてのオマージュは普通に行われていることです。あいみょんさんの件も1曲まるまるそっくりというレベルならば大問題ですが、ほんの数秒間が似ている程度なら、個人的にはパクリ/盗作とはいえないのではないかと思います。

また、あいみょんさんがパクリ/盗作疑惑を持たれ、比較されている曲は主に1970年代から1990年代の曲です。

それはまさに、あいみょんさんが影響を受けたアーティストが活躍した年代ですから、好きな音楽と似た傾向の音楽を意識せずに作った可能性もあります。

あいみょんさんのパクリ/盗作疑惑の真偽は、結局は曲を聴いたリスナーの受け取り方ひとつだと思いますし、もっといえば作曲者のあいみょんさんご本人にしか分からない事なのだと思います。

みさき
みさき

イギリスの伝説的ロックバンド、元『The Beatles』のポール・マッカートニーさんは、作曲の上で「技を盗んだ」と語られていたそうです。

まとめ

今回はあいみょんさんの曲のパクリ/盗作疑惑について調査や検証を行いましたが、いかがでしたか?

似ているとされる曲を全て聴いて、個人的には「影響を受けたんだな…」という程度に感じました。

実際のところ、現在どの曲にも被らないメロディーを作り出すのはかなり難しいことです。

特に芸術は模倣あってこそ発展していくものですし、曲同士の似ている、似ていないを比べるのは楽しいですが、それをアーティストへの批判につなげるのはどうなのかな…と感じます。

みさき
みさき

どちらにせよ、あいみょんさんの音楽が素晴らしいことは間違いない事なので、個人的にはこれからもあいみょんさんの活躍を期待しています!