トレンド

小林賢太郎解任理由は?電通との関係や学歴・経歴をまとめ

開会式目前に迫った東京2020オリンピックに、土壇場でまたトラブルが起きました。

 

開閉会式のディレクターを務める元ラーメンズの小林賢太郎氏(48歳)が、7月22日大会組織委員会によって解任されたと発表されました。

 

小林氏は開閉会式の演出全体の調整役を務めていました。

小林賢太郎オリンピックパラリンピックディレクター解任理由は?

小林賢太郎解任理由は?電通との関係や学歴・経歴をまとめ

小林氏はお笑いコンビ「ラーメンズ」時代に「ナチスによるユダヤ人大量虐殺」を題材とし笑いのネタとするコントを披露していたことが問題視されていました。

 

日本国内でもそのことについてSNSなどでも話題になっていました。

そして21日、アメリカのユダヤ人人権団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター」から小林氏の過去のユダヤ人大量虐殺をネタにしコントを披露したとして非難する声明が出されていました。

 

団体は「どんな人にもナチスの大量虐殺をあざ笑う権利はない。この人物が東京五輪に関与することは600万人のユダヤ人の記憶を侮辱している。」としています。

 

これを受けて組織委員会の橋本会長は、会見で21日にこの問題を把握し深夜から22日朝にかけて協議をしたと明かしています。

 

具体的な解任理由は「過去に歴史上の痛ましい事実を揶揄するせりふを使用していたことがわかった。」としています。

 

また「開会式が目前に迫る中、このような事態となり、多くの関係者、都民、国民のみなさまにご迷惑ご心配をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。」とコメントしています。

 


小林賢太郎と電通との関りは?

小林賢太郎解任理由は?電通との関係や学歴・経歴をまとめ

今回の開閉会式の演出チームからは次々と様々な問題が露呈し、辞任・解任が相次いでいます。

このオリンピック・パラリンピック準備チームを主導しているのが、大手広告代理店の電通・博報堂です。

 

東京五輪発足当初の演出チームは、電通・博報堂の広告代理店が仕切って人員が総入れ替えされました。

 

その結果、電通出身の佐々木宏氏が小林氏を指名しディレクターに就任していました。

 

そして、今回までに次々と人材の不備が露呈してきたのです。

小林賢太郎の学歴・経歴まとめ

小林賢太郎解任理由は?電通との関係や学歴・経歴をまとめ

過去にユダヤ人大量虐殺を軽視したネタを披露してしまった小林氏ですが、学歴や経歴についても調べてみました。

小林賢太郎 プロフィール

生年月日 1973年4月17日

出身地 神奈川県

血液型 A型

身長 182cm

出身高校 神奈川県立旭高校

出身大学 多摩美術大学 版画科

神奈川県出身の小林氏は地元の公立高校へ進学しています。

旭高校は有名進学校というわけではありませんが、進学率は高く青山学院大学や立教大学への入学者も排出している高校です。

 

そしてこの旭高校は女優の米倉涼子さんや須藤理沙さんも輩出しているので二人は小林氏の後輩にあたります。

 

高校時代は「学校で一番絵が上手いやつ」として知られていた小林氏は、その後世田谷に本部を置く多摩美術大学へ進学しました。

 

版画科で美術を学んだ小林氏でしたが、周りの学生たちの絵の上手さに自信をなくし、お笑いの方面へと活動をシフトさせていったそうです。

 

1996年に多摩美術大学で出会った片桐仁さんとともにお笑いコントユニット「ラーメンズ」を結成し、2009年に活動休止状態に入るまで活動していました。

 

ふたりはNHK爆笑オンエアバトルに第一回から出場するなどして知名度と人気を上げていきました。

2017年には小林氏が個人事務所を設立し、お互いが異なる所属先のコンビとなりましたがコンビとしては存続を続けていました。

 

2020年12月1日、所属事務所と小林氏・片桐氏から小林氏の引退が発表され、事実上の解散となりました。

この時、本人たちは「解散」という言葉を使わなかったので「事実上の解散」と言われています。

 

気になる理由は、

小林氏の足の病気とスタジオコンテナの閉鎖が発表され、小林氏の引退も併せて発表されたためでした。

 

片桐仁さんはこの時「最初は本当にびっくりしましたが、理由を聞いて納得しました。本人が考えて考えて決めたことですからね。」とコメントしました。

 

元相方の片桐仁さんは解散後も俳優やアーティストとして活動を続けています。

小林賢太郎解任理由は?のまとめ

小林賢太郎解任理由は?電通との関係や学歴・経歴をまとめ

今回の小林氏の解任劇に関しては様々な意見が出ていて、大量虐殺をネタにするのは許されないという声がほとんどですが、中には小林氏に理解を示している声も多く見られます。

 

問題のコントの出回っている部分では確かに過去の痛ましい事件を笑いの種にしているように見えますが、そのネタを知っているラーメンズファン達からは「一部を切り取ってそう見えているだけで全体を通して大量虐殺反対のメッセージが込められたネタだ」という声もありました。

 

報道やSNS上では色んな事柄が都合よく切り取られ事実が湾曲されて伝わることも多くあるのは事実なので、今回の解任に疑問がないかというとそうではないかもしれません。

 

ですがいずれにせよ、今回の東京五輪の関係者の身辺調査の緩さは明確に露呈していて国民から組織委員会への不信感・失望感は増すばかりです。

 

多くの反対を押し切って強行される東京五輪、これ以上スキャンダルが出てこないことを祈るばかりです。