天気関連

台風16号2021米軍やヨーロッパの進路予想!日本への影響は?

 

9月23日(木)にマリアナ諸島(フィリピン海境界、グアム近郊にある島)で「台風16号2021ミンドゥル)」が発生しました。

日本列島へ接近、上陸する恐れが十分あります。

今後はますます発達する可能性も含めて警戒が必要になってくるでしょう。

この記事では「台風16号2021ミンドゥル」に関する米軍やヨーロッパの進路予想/ミンドゥルの名前の由来/台風前に準備しておくとよいものについて解説していきます。

台風16号2021の米軍やヨーロッパの進路予想!

今年8月には3つの台風が同時発生し、9月には2つが同時発生しています。

今年の台風は例年になく同時発生しているパターンが見受けられます。

先日の台風14号は「スーパー台風」と言われる勢力へ発達し、日本各地で爪痕を残しました。

9月23日21時に発生した「台風16号」ですが、国内外のさまざまな台風予想を参考にしていきましょう。

米軍合同台風警戒センターの予想

米軍合同台風警戒センター(JTWC)が発表する台風情報を見ていきます。

https://www.metoc.navy.mil/jtwc/jtwc.html

JTWCはアメリカのハワイ州にあるアメリカ国防総省の期間です。

このJTWCの予想進路図を見ていくと、23日に発生した台風16号は北西進路から徐々に北方向へと進路を進んでいるようです。

30日(木)には日本列島の南まで進み、西日本の太平洋側が強風域に入る可能性があります。

中心付近の風速は26日で約51メートル、27日で59メートル、28日で67メートル、29日で64メートル、30日には57メートルの見込みです。

現時点では「非常に強い」と言われる勢力へ発達し、このままいくと確実に10月初め頃には本州の西日本側へ直撃しそうな予想です

ヨーロッパ中期予報センターの予想

9/27日(日)

https://www.gpvweather.com/ecmwf.php

9月29日(水)

https://www.gpvweather.com/ecmwf.php

10月1日(金)

https://www.gpvweather.com/ecmwf.php

世界一予想精度が高いと言われる、ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)の計算では、当初大きく東に逸れる進路図で予想していました。

その後最新予想では来週27日以降は日本の南側に北上し、徐々に進路を転向しつつ来週後半には小笠原から伊豆諸島付近へと通過する計算です。

windyの進路予想

windyを実際に動かしてみると良くわかります。来週27日以降、日本列島南側へ向けて直進してくる予想です。来週前半には沖縄方面がおおしけになる予報です。

その後日本列島に沿うようにして東側へ北上し、10月初めころには関東・東北太平洋側を沿うようにして北上していく予想です。

気象庁の予想

台風16号、気象庁の進路予報、米軍の見方は 日本接近の恐れ、最新情報に注意 2021年

https://images.app.goo.gl/r3PAXvTsLmiJZnWq6

台風16号は勢力を強めながら27日に日本列島南側に達する見込みです。

その後南・北大東島へ接近んし、沖縄本島へも接近する見通しです。

沖縄気象台によると、25日の大気の状態が不安定になる事から、雨雲の程度によっては雷注意報を発表する可能性があるようです


名前の由来は?

台風16号ミンドゥル/Mindulleは北朝鮮で名づけられました。

朝鮮の言葉で「タンポポ」を意味します。

日本では台風○号というように、その年の台風発生した順番に数字で名づけするのが主流ですが、世界では環太平洋の国や地域が名前を出し合い、名づけられているようです。

台風前に準備しておくとよいもの

一般的に7月から秋にかけて日本列島付近では台風が発生しやすいとされています。

最近では大雨による災害の被害が目立ちますが、台風の際も予報を把握して備えておくのがベストですね。

ホームセンターの店頭でも良く見かけますが、すでに備えている方も今一度備えの確認をしておきましょう。

台風が近づく前の対策 暴風に備えて

https://tenki.jp/forecaster/keiko_mochizuki/2021/09/24/14202.html

最低でもこの3つは確認し備える必要があるようです。

  1. 雨どいや側溝を掃除して水はけを良くしておきましょう。
  2. 屋外におかれている飛ばされやすいものはシッカリと固定するか、室内にしまうなどの対策をすべきです。
  3. 暴風で飛ばされてきたもので、窓ガラスが割れないように窓は鍵をかけ、雨戸があれば占めましょう。

 

台風は暖かい海のエネルギーを受けて発生しています。そして太平洋高気圧と偏西風によって進路を進みます。

直近の9月22日(水)の状態をみると、さらに平年より高めの領域が広がっており、日本の南海上には2度以上高い所も見えています。実際の海水温はさらに上昇し、フィリピンの東から日本の南海上まで30度以上の暖かな領域が広がっています。

平年では8月から9月上旬頃までが最も高く、その後は徐々に低下していくものですが、9月下旬の今が最も高いという逆転現象が起きています。

おそらくこれは台風の発生や進路、またその規模などが大きく影響していると思われます。

引用:https://news.yahoo.co.jp/byline/sugieyuji/20210924-00259768

要は海水が高いので勢力が高い台風が発生しやすい環境にあるという事です。

みさき
みさき
今年は特に台風の動きには注目ですね。

台風16号2021米軍やヨーロッパの進路予想!まとめ

今回の「台風16号2021ミンドゥル」は現在は日本の南側に位置していますが、来週頭9/27にかけて沖縄本土や西日本の太平洋側が強風域に入る可能性があります。

ゆき
ゆき
さらに勢力が増しいるので、警戒が必要です。

その後、本州に沿う形で北上し、来週後半にかけて関東や東北太平洋側に沿って行く進路予想です。また、台風が来る前に備えもしておく必要があるようです。

  • 雨どいや側溝を掃除して水はけを良くしておきましょう。
  • 屋外におかれている飛ばされやすいものはシッカリと固定するか、室内にしまうなどの対策をすべきです。
  • 暴風で飛ばされてきたもので、窓ガラスが割れないように窓は鍵をかけ、雨戸があれば占めましょう。

 

以上になります。最後まで読んで頂きありがとうございました。